ふるさと納税の返礼品でお得に旅行してみませんか?

ふるさと納税の返礼品でお得に旅行してみませんか?

どうせ行くなら旅行に行くならお得に行きたいですよね?
ふるさと納税を使えば他の返礼品と同じように自己負担金2,000円で旅行を楽しむことができるのです!
ここ最近では、ふるさと納税の旅行に特化したサイト「きふたび」「ふるなびトラベル」なども登場してきています。
今回は、普通の旅行との以外やふるさと納税の旅行を紹介しているサイトの違いなどをご紹介していきたいと思います。

普通の旅行との違い

ここでは、普通の旅行とふるさと納税を使った旅行との違いを説明していきます。

自己負担金2000円で旅行ができる

ふるさと納税で旅行に行く場合、返礼品として宿泊券をもらうことになるので自己負担金2,000円で旅行に行けてしまうのです!
年収や家族構成によって控除上限が決められているので、誰でも行けるということではないのですが、それでも十分にお得ですよね。

返礼品なので確定申告またはワンストップ特例制度が必要

宿泊券といえど返礼品になりますので、ワンストップ特例制度もしくは確定申告を受ける必要があります。
なので普通の旅行に比べるとひと手間かかってしまいますね。

旅行券などを扱っているふるさと納税サイト

ここからは特にふるさと納税の旅行に力を入れているポータルサイトについて紹介していきたいと思います。

きふたび(トラストバンク)

ふるさとチョイスのトラストバンクが運営するふるさと納税旅行サイト。
返礼品ページはふるさとチョイスのものになりますが、旅行に特化してまとめられているので旅行に関する返礼品をお探しの方には使いやすいサイトではないかと思います。

ふるなびトラベル(アイモバイル)

ふるなびトラベルも旅行に特化したふるさと納税サイトではありますが、きふたびとは少々異なります。
ふるなびトラベルはふるなびで寄附を行った際にもらえるポイントをためて、そのポイントを使って旅行をすることになります。
また、いくら寄附をするとどれくらいのポイントがもらえるのか?を調べるシミュレーターもあるので便利です。

楽天ふるさと納税(楽天)

楽天が運営しているのが楽天ふるさと納税になります。
特に旅行に特化しているわけではありませんが、宿泊券などを返礼品として扱っています。
また、スーパーSALE買い物マラソンを併用するとポイントがたくさんもらえるので更にお得ですよ!

ポータルサイトの注意点

返礼品への寄附の仕方がサイトによって違うので気をつけたほうがいいでしょう。
普通に寄附を行うなら「楽天ふるさと納税」
ふつうに寄附をしながら旅行も狙うのであれば「ふるなびトラベル」
とにかく旅行の返礼品を簡単に見つけたいのであれば「きふたび」
など、サイトの特色を理解して使い分けるのがいいかもしれませんね。

取り扱いのあるチケットの種類

ここでは、返礼品としてどんなチケットが取り扱われているか紹介していきます。

宿泊券

宿泊券はその名の通り泊まることができるチケットになります。
ペア宿泊券ななどが多く見られる印象です。
また、違う種類としてお食事券温泉入浴券などもあります。

感謝券

感謝券は宿泊施設だけに限らず、食事や買い物にも使えるとても便利な券となっています。
その中でも「電子感謝券」はQRコードを携帯の画面上に表示させて加盟店での精算時に伝えるだけなのでとても簡単です。
いろんな場面で活用できるので宿泊券より少しお得な気がします。

旅行ギフト券

旅行商品の支払いに使える便利なチケットだったのですが、
総務省の返礼品に関する通知により、2019年1月をもって返礼品の取り扱いは終了してしまいました。

まとめ

・ふるさと納税を使えば自己負担金2,000円で旅行に行ける。
・サイトによって使い方が違うので注意が必要。
・電子感謝券がとっても便利。

旅行カテゴリの最新記事