ふるぽがその場で返礼品がもらえるサービス「旅ナカ寄附」を開始!

ふるぽがその場で返礼品がもらえるサービス「旅ナカ寄附」を開始!

2019年6月にJTBのふるさと納税サイト「ふるぽ」が「旅ナカ寄附」というサービスを発表しました。
旅ナカ寄附は、旅行の最中にふるさと納税の寄附を行うとその場で返礼品を受け取れるサービス。
今まで返礼品は寄附を行ってから数週間~数ヶ月待つものでしたが、このサービスは新しい返礼品の形を提案しています。

今回は、そんな「ふるぽ」の新サービス「旅ナカ寄附」をご紹介していきたいと思います。

旅ナカってどういう意味?

旅行は旅マエ、旅ナカ、旅アトという3つの段階に分けられるという考え方があります。
ここでは、その3つの段階についてご説明していきます。

旅マエ

旅マエは旅行を計画している段階のことを言います。
どこに旅行にいくか?やどこの宿泊施設に止まるか?、どの観光スポットを見に行くかと言った情報収集を集めている時間ですね。

旅ナカ

旅ナカは、実際に旅行をしている段階になります。
宿泊施設に止まり、観光地を見に行ったり、まさに実際に旅行客が体験をしている時間になります。

旅アト

旅アトは、旅行から帰ってきた時点のことを言います。
ここでは、お土産を配ったり友人や職場の人と楽しかった思い出などを話すといった時間になります。

旅ナカ寄附ってどんなサービス?

旅ナカ寄附はふるさと納税の受付サイト「ふるぽ」で開始されたサービスになります。
実際に観光地を巡ったり、宿泊施設に止まっている旅ナカの時間にふるさと納税の寄附を行い、寄附完了の画面を対応している店舗で見せることでその場で返礼品がもらえるという内容。
現在対応しているのは七尾市にある加賀屋で、1泊2日の加賀屋宿泊券や加賀屋館内利用券が旅ナカ寄附の返礼品になっています。

加賀屋宿泊券は、次回七尾市に訪れた際に加賀屋の雪月花・松乃碧・あえの風で使えるペア宿泊券になっており、
加賀屋館内利用券は、加賀屋・あえの風内の売店や施設内ですぐに使えるものとなります。

また、旅ナカ寄附は順次全国に対応していくそうです。

まとめ

ふるさと納税の返礼品は寄附申し込みから返礼品の到着までに時間を要します。
しかし旅ナカ寄附を使えばその場で返礼品を受け取ることができるので、七尾市の魅力に触れて再び訪れたいと思った方やその場で応援したい方にとても便利だと思います。
今後このサービスが全国に対応して、地域の活性化・地方創生につながって行くのに期待したいですね。

トピックカテゴリの最新記事